これは、毒吐きネットマナー様の内容に、コメントを付けたものです。
ふりがなありバージョンもあります。
平和的ネットマナー
絵板のマナー講座
絵板ネットマナーLite

困ったさんの叱り方

(永遠に暫定版)

「困ったさん」とは、悪意なく迷惑をかける人のことです。
多くの場合、ネットマナーを知らなかったり、他人への配慮が足りなかったりします。

あなたが訪問者なら、まずネットマナーを学んでおきましょう。
そして、自分が「困ったさん」と思われないよう、相手の思いに配慮しましょう。
感じ方は人それぞれ、あなたとは違うかも知れません。

また、原則として「困ったさん」への対応は管理人に任せるべきです。
訪問者が勝手に対応してもトラブルの元です。話がこじれますよ。
嫌だと思う書き込みを叩いてしまうなら、あなた自身が「困ったさん」かも知れません。

あなたが管理人なら、相手を「困ったさん」と考える前に、本当に迷惑なのか考えてみましょう。
管理人として「大人の対応」を身につければ、全く問題ないのかも知れません。

例えば、サイトやコンテンツに対する意見を言ってくる人って、本当に迷惑ですか?
あなたのために意見してくれるなら、その思いはありがたいじゃないですか。
同意できなくても、「そういう考えもあるんですね」で受け流せば良いだけですよ。

掲示板とかで場の雰囲気を悪くするのなら、穏やかにご遠慮願えば良いだけです。
腹を立てる必要はないし、あまり手間も要りません。
多くの場合、管理人が困るのは、管理人が対応を間違えた結果だったりします。

LEVEL0

叱る前に。

 信頼できて口の悪い(笑)友人数人に、自分の被害状況を判断してもらいましょう。なんでもすぱっと言ってくれる友人がいいです。
被害者意識を持つ前に、自分自身の行動を見直しましょう。
たいていの困ったさんは、そんなに困った存在ではありません。
困ったさんに困らされる管理人さんは、残念ながら、対応が間違っていると思いますよ。

頭を冷やして、相手の視点に立って対応を考えてみましょう。
それができればトラブルが激減するので、きっと驚くほど楽になりますよ。


1.厳しい意見にも耳を傾けましょう。
それができないことには始まりません。

 常に冷静でいるためにも、友人の助力は不可欠です。

2.荒らしさんか困ったさんか見極めましょう。
 荒らしさんは話は通じませんが、無視に徹すると去ります。悪意に満ちています。

 困ったさんは話は通じますが、なかなか立ち去りません。悪意がないです。
だから困るんだよ(涙)
 また、反省しますが行動にあらわれるまで時間がかかることが多いです。

番外困ったさん。
 管理人の代わりに喧嘩を買って出てくれる正義の人です。
 貴方の味方ですが、よけいに収拾がつかなくなるのでご遠慮願いましょう。
 管理人さんが掲示板やチャットを荒れたままほっとくと発生しやすいです。
 あなたが迅速な行動を取ることで発生を防ぐことができます。

3.相手をどれだけ嫌ってるかを換算しましょう。

 こいつの書き込みを見ただけで胃が痛くなる。メッセなどで話し掛けられると泣きたくなる。メールを受け取ると吐き気がする。チャットで同席すると考えただけで私がわるぅございましたと土下座したくなる。

 ここまで嫌いになっていたら、困ったさんの方がどれだけ反省し、出家レベルで悔い改めてくれようと関係の修復は見込めません。あなたが。むしろ無理して仲直りしてもストレスがたまるだけです。
 ここはいっそのことここまで私を追い詰めるとは天晴れな奴と判断して割り切り、永遠にさよならしてしまいましょう。扱い的には荒らしさんと同レベルでけっこうです。



以上の基準をクリアした場合は下記をご覧下さい。

「困ったさん」は、そんなに悪いわけじゃないですよ。
悪意があるわけではなく、たいてい、単にネットマナーを知らないだけです。
悪意のない相手に感情を乱す必要はありません。

最初は誰もが初心者です。ネットマナーなんて知らなくて当然です。
教えないと、何も解決しませんよ。
ネットマナーサイトを優しくご紹介する文をコピー&ペーストするだけでも良いのです。
たいていの場合、手間をかけなくても対応できます。

教えずに怒り狂うだけの管理人さん、力の使い方を間違えていませんか?
悪意のない相手を攻撃しても、トラブルになるだけで、何の解決にもなりませんよ。


LEVEL1

「はじめに」ページを書きかえる。

まずはここからはじめましょう。
個人名は伏せ、細かな出来事はぼかしても、やって欲しくないことはできるだけ具体的に書くのがコツです。

オススメは箇条書き。
もともと要点や具体例を羅列するのに使う方式なので、必要ない情報を伏せるのに役立ちます。

更新記録をサイトの目立つ所に書くのも忘れずに。

そういうやり方は姑息ですし、あまり効果を期待できません。
やんわりとで良いので、直接伝えましょう。
注意書きを書き換えるのは良いのですけど、それだけというのは、どうかと。

何も言われなければ、相手にとっては歓迎と同じようなものです。黙認なんです。
それで困った度が上がっても、勘違いさせた管理人が悪いです。
後になって言うのは「だまし討ち」で、不誠実です。話が平和に進まなくても当然です。

言えずにウジウジしてストレスをためるなら、最初から言いましょう。
最初なら優しく言えるでしょう。だからお互いに傷つく度合いが少なくて済みます。

注意書きをよく読む「困ったさん」なんて、多いとは思えませんよね。
注意書きを更新しても、読んでもらえるなんて期待するのは無理がありますよ。


LEVEL2

ネチケットページを薦める。

あたかも好意から来るかのようににこやかに「こんなページがあるんだけど見てみたら〜?」と云ってみましょう。

相手の立場から考えてみましょう。
遠回しに「あなたのマナーはダメ」と言われていると感じるでしょうね。
気に入らないならそう言えばいいのに。そんなにいい人ぶりたいのかな・・・
私ならそう思うかも。馬鹿にされている感じです。

だから、本当は直接、穏やかに注意すべきです。それが最も平和に済む方法なんです。
注意の仕方次第ではありますが、相手の視点で考えれば大丈夫でしょう。


最近は初心者用にわかりやすいネチケット啓蒙サイトが増えつつあります。
うちはネットマナーサイトです。念のため。

ちなみに、他のページを読んでいれば分かると思いますが・・・
「毒吐きネットマナー」で言う「ネットマナー」は、世間一般で言う「ネットマナー」とは違いますよ。
一言で言えば、「管理人は神だと思っている管理人の叫び」です。

サイトの訪問者には参考になりますが、管理人には・・・ちょっと・・・。
管理人が信じすぎると、サイトが荒れやすくなるので要注意です。


LEVEL3

メールを送る。

ここらへんから積極的な行動に入ります。
我慢できないと思うターゲットの行動を整理し、メールに書いて自粛を求めましょう。

刺激的な言葉を使わないよう、また説教口調にならないように充分に推敲してください。

また、このとき取り交わされたメールは必ず保存しておきましょう。



LEVEL4

掲示板で注意する。

サイトのほかのお客様の目の前で注意するのですから、案外効果があります。
面白がったり同情したりして味方してくれる人も出てくるでしょう。

とはいえ、これはお客様を巻き込む行為ですし、サイトのイメージにも響きますので、LEVEL3のあたりでケリをつけたいものです。

メールがベストかも知れませんが、掲示板での問題なら、最初から掲示板で言っても良いと思いますよ。
攻撃するような書き方をせず、優しく言えばよろしいのです。
「お願い」のようにやんわりと言うくらいなら、サイトのイメージも傷つきません。

言うべきことを言うべきときに言わずに、後になって怒り出すのは、「だまし討ち」です。
結果的に不誠実な対応であり、完全に管理人が悪いです。
最初に伝えないと、相手にも他人にも誤解を与えて、トラブルの元になりますよ。

優しく書かないとトラブルの元ですが、イライラしているときに優しく書くのは大変ですね。
ならば、優しく言う文章を書いたら保存しておき、次回に使い回せば良いのですよ。

手間をかけるからイライラするのです。
コピー&ペーストで、手間をなくしてしまえば良いのですよ。
悪意のない相手に怒りをぶつけるよりは、よっぽど良い方法です。
それでも腹が立つなら、簡単な事務作業と割り切って考えてみましょう。


LEVEL5

チャットで注意する。

 注意するべき点は、ターゲットに喧嘩を売らないこと、また注意する為だけにチャットに入室しないことです。
 いくら管理人とはいえ、他の良識ある常連様の存在を忘れるようでは見捨てられても文句は言えません。場の雰囲気を大事にしてください。

 同室してる方には大変失礼かつ居心地の悪い状況にさせてしまいます、とはいえ、いまさら後には引けません。
 首根っことっ捕まえる気でやりましょう。

 とことん話し合う覚悟がついているなら、メールで時間指定とチャットのアドレスを送り、その間だけサイトのほうからのリンクをはずしておくといいでしょう。

 しかし自分の行為を客観的に見つめるのは難しいです。
 信頼できる友人にROMってもらい、アドバイスを請うとうまくいきやすいです。

とことん話し合う必要があるのなら、チャットも良いのかも知れません。
でも、結局、つるし上げや罵り合いになるだけのような気がしますね。

最初からきちんと穏やかに注意すれば、そんなに話はこじれません。
それを怠るから、面倒なトラブルに発展していくのですよ。

管理人さんは、困ったさんを攻撃する前に、自分自身の行動を徹底して見直しましょう。
他人を責めるのは、その後です。

リアルタイムでいちいち反応しなきゃいけないチャットを選ぶのも、いかがなものかと。
労力が大幅に増え、噛み合わない話も増えて・・・それで良いのですか?

自分で手間を増やしてイライラしても、誰も幸せになりませんよ。


追記:もしその場に気心の知れた友人がいあわせていたら、クッションになってもらいましょう。でも管理人が怒り出してからクッション役が入室しても逆効果ですよ?

 困ったさんは慢性的な空虚感や不満を抱えていることが多いです。
 だからかまってほしがりであることが多いのです。
 普段から親や友人に対して不平を言っているようなら要チェック!
 クッション役の人はそのあたりに話をふってあげて「あなたもつらいのね、その気持ちわかるわ〜」とでも言ってあげましょう。大嘘で結構。どうせ顔は見えません。
 ターゲットが落ち着いてきたら、管理人に主導権を戻しましょう。

 利点が二つ。
 まず注意を受けるターゲットの反発心を和らげ、おとなしくさせることができます。
 もうひとつ、管理人がターゲットをフォローする手間が省け、一貫して厳しい意見を言うことができます。

 水面下で連絡を取りつつ、管理人はあくまで厳しく、クッション役は穏やかに。


 んで最後は二人そろって蹴りだす(笑)
 管理人に嫌われたからと、クッション役の人に憑いていっちゃう可能性があるからですよ。あなおそろし。

※常に成功するとは限りません。

「困ったさん」に悪意はありません。たいてい、ネットマナーを知らないだけです。
管理人がマナーを守って適切に対応すれば、そんなに話はこじれません。
トラブルになったのなら、管理人の対応にマズさがあったのでしょう。
相手を一方的に責める前に、考えるべきことがあると思いますよ。

自分を省みることのできない人のサイトは、無用なトラブルを呼び込みます。
非常識な人には反感を持つ人が多いということです。

多くの「困ったさん」は、ネットマナーを知らないだけです。
知らせないと、何も解決しませんよ。

ただ、ネットの低年齢化が進んだこともあり、改善の見込めない人もいます。
反論されるとすぐキレる人とか、少なくありません。
自分を抑えるだけの精神年齢がないのでしょうね。

そういう人には、アクセス禁止措置もアリでしょう。
いくら教えても全く改善が見込めない場合には、仕方ないです。
ただ、管理人自身が「痛い管理人」になっていないか、まず考えるのが大切ですよ。

「こういう場合はアクセス禁止にしますよ」と、注意書きに明記しておくと良いです。
説明済みなら、さらっと対処できますよ。


LEVEL6

再度メールを送る。

最後通牒代わりです。
ここまで来るとかなり関係は悪化しているでしょうから、とげとげしい言葉が飛び交うことになるでしょう。

しかし激情に流されてはこちらの負けです。
あくまで事務的、論理的に。皮肉や捨てゼリフは極力避けましょう。

書き上げるのに時間を要するでしょうが、すぐに送っては行けません。
送る前に一晩寝かせて、もう一度読み返して推敲してみてください。

対応のマズい管理人だと、ここまで行くのかも知れませんね。

ダメなことは最初からちゃんとダメだと言わないと、話がこじれるのは当然です。
ほとんどの場合、管理人の対応に問題があったのでしょう。

・・・私には、不誠実な管理人が自ら厄介事を作っているようにしか思えません。
本当に悪いのは、「困ったさん」ではなく、誠実な対応をしなかった管理人でしょうね。
ちゃんと対応すれば、話はこじれないのに・・・。


LEVEL7

アクセス拒否にする。

ターゲットのメルアドやプロバイダを使い、アクセス拒否のCGIをかけます。

>>方法については自学自習のこと>>Kent WebCGI ROOM

しかし同じプロバイダの他人に迷惑がかかってはいけませんので、ほとぼりが冷めたら取り外しましょう。2〜3週間が目安です。






LEVEL A

つるし上げる。

たいへん邪道ですが、あなたの友人と示し合わせてターゲットをチャットに呼び出し、袋叩きにしてしまいましょう。

あなたの評判は地に落ちますが、相手もあなたを大嫌いになって二度と来るものかと思うはずです。

こんなことをすれば、相手が「荒らし」になる恐れもありますね。
相手の依頼で「荒らし」が集まったりすることも、ありますよ。

「困ったさん」は、悪い人じゃないですよ。
管理人が困らされたとしても、悪いのはたいてい、間違った対応をした管理人です。
「困ったさん」を悪者に仕立て上げるのは、管理人の悪質な責任転嫁に過ぎません。
トラブルになるのも無理はないです。


LEVEL B

さらし者にする。

ターゲットの行動記録や受け取ったメールを、自分のサイトで公開してしまいましょう。

これは嫌われます。つーか逆ギレされます。

荒らされるのを覚悟でやりましょう。

他人のメールを無断で転載するのは、著作権法違反です。
メールでも掲示板でもチャットでも、文章には著作権が発生しますよ。

「毒吐きネットマナー」は「管理人の心の叫び」を伝えるサイトです。
「全体として間違っています」と、作者様ご本人が断言しています。
あなたが管理人なら、妄信すると無用なトラブルを招きかねません。ご注意ください。

特に、このページの記述を参考にしてしまうと、「困ったさん」に本当に困るでしょうね。
こんな対応をすれば、悪意のない「困ったさん」も、悪意のある「荒らし」になりかねません。
残念ですが、こんな対応をしている管理人のサイトなら、荒れるのは当然です。

「困ったさん」は悪い人ではなく、マナーを知らないだけです。
管理人が適切に対応すれば、そんなに困った存在ではありません。

BACK
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO